七五三って何するの?

お子様の健やかな成長をお祝いする七五三。
知っているようで知らなかった七五三あれこれをご紹介いたします。

  • どうして七歳?五歳?三歳?

    中国の思想では奇数を縁起の良い数と考えられており、その影響という説があります。
    また、子どもの厄の一種と考える地方もあるようです。

  • 起源は室町時代

    七五三の起源は室町時代にまで遡ります。
    その後、江戸時代の武家社会を中心に関東から京都、大阪を経て徐々に全国へ広まったと言われています。
    当時は乳幼児の死亡率が高く、生後、数年経過してから現在の戸籍にあたる人別帳に登録していました。
    七五三のお祝いは子どもが無事に成長したことへの感謝と、これからの長寿を願う意味を持つと考えられています。

    • ●数え年三歳の男の子・女の子 「髪置きの儀」

      江戸時代では、三歳まで髪を剃る習慣があり、三歳になったのを機に髪を伸ばし始めました。

    • ●数え年五歳の男の子 「袴儀(はかまぎ)」

      男の子が袴を着け始めるます。

    • ●数え年七歳の女の子 帯をつかいはじめる「帯解き」

      紐付きの着物に代わり、本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをします。

    このような背景から子供の成長と幸せを願い、神様にお祈りと感謝をするお祝いとして明治時代に定着したようです。

  • 都合のいい日で大丈夫

    七五三は11月15日に!というのは昔の話。
    最近では混雑を避け、10月~11月中で都合の良い日に行うことが多くなりました。

  • 兄弟姉妹一緒にお祝いしても大丈夫

    現在では満年齢で男子が三歳、五歳、女子が三歳、七歳でお祝いする事が一般的です。 兄弟姉妹がいるときは、年齢にこだわらずお祝いするご家庭も増えました。

お問合せはこちら お問合せはこちら 参集殿だけのスペシャルなサービススマホでもご覧いただけます

困った七五三

先輩ママに聞くこんなことで困った七五三

先輩ママに聞くこんなことで困った七五三

着崩れた袴で大騒ぎ

長男の五歳の七五三。自宅で袴に着替えバッチリ決まったハズなのに、 神社に到着する頃には袴が着崩れていました。 袴の裾に注意しながら神社の石段を登っていたところ、 裾を踏んづけて転倒。 大泣きする長男を必死になだめながらのお参りでした。

利府町 N様

竹駒神社・参集殿の「手ぶらで七五三パック」が強力サポート

竹駒神社・参集殿の「手ぶらで七五三パック」が強力サポート

竹駒神社に隣接の好立地。

竹駒神社に隣接の好立地。

着付け・撮影からお食事まで全てが一つの敷地で完結。

着付け・撮影からお食事まで全てが一つの敷地で完結。

  • 貸衣装に着替え
  • →写真撮影
  • →お参り
  • →お食事

お参りが済んだら参集殿の個室で
お祝い料理をごゆっくりお楽しみください。

お問合せはこちら お問合せはこちら 参集殿だけのスペシャルなサービススマホでもご覧いただけます

竹駒神社参集殿の7つの特徴

  • 日本三大稲荷の由緒ある竹駒神社のご祈祷
  • 千歳飴(またはお菓子セット)プレゼント
  • 手ぶらで安心衣装貸出
  • 一流のスタッフによる心のこもったおもてなし
  • プロカメラマンによる思い出の写真
  • お参り、撮影、お食事がワンパックに
  • お食事は個室でごゆっくり

お問合せはこちら お問合せはこちら 参集殿だけのスペシャルなサービススマホでもご覧いただけます

竹駒神社参集殿の七五三パック

ご予約は御利用の二週間前までにお願いいたします。

パック内容

  • お子様のお祝い膳
  • ご両親のお祝い膳
  • お子様の貸し衣装
  • プロカメラマンによる記念撮影1ポーズ

料金例

お食事大人2名様 4000円×2名=8000円
お食事お子様1名様 2,000円×1名=2,000円
お子様に千歳飴またはお菓子セットプレゼント
記念写真1ポーズ(六切り台紙付) 13,000円
お子様(7歳の場合)着物+着付け
+メイク+日本髪風料金
15,750円
上記のプラン合計金額 38,750円

◆オプション料金

  • 大人1名様の追加料金は4000円となります。
  • お子様(小学生以下)1名様の追加料金は2、000円となります。
  • 3歳、5歳の着物着付けメイク料金や、お子様着物持ち込み着付けの場合は金額が異なります。
  • 会食時のお飲み物は別途となります。
  • 初穂料は別途、竹駒神社へお納めください。
七五三 着物+着付+メイク料金表
3歳 10,500円~
5歳 10,500円~
7歳 12,600円~
ヘアー日本髪風 3,150円~
ヘアーセット 2,100円~
持ち込み着付け料金表
3歳 1,570円
5歳 3,150円
7歳 4,200円
ヘアー日本髪風 3,150円~
ヘアーセット 4,200円~
3歳セット 2,570円~
メイク 1,050円

お問合せはこちら お問合せはこちら 参集殿だけのスペシャルなサービススマホでもご覧いただけます

竹駒神社とは

  • 御由緒

    竹駒神社は古くから日本三稲荷の一社に数えられる 極めて霊験あらたかな神社とたたえられ、

    衣・食・住の守護神であられる
    ・倉稲魂神(うかのみたまのかみ)
    ・保食神(うけもちのかみ)
    ・稚産霊神(わくむすびのかみ)
    の三柱の神をお祀り申し上げております。

    御創建は人皇五十四代仁明天皇の承和九年(西暦842年)で、
    小倉百人一首にも名を連ねる後の参議小野篁(おののたかむら)卿が陸奥守としてご着任の際、
    東北開拓・産業開発の大神として御創建され古くは平泉藤原三代、
    降っては仙台藩主伊達家歴代の尊崇(そんすう)非常に篤(あつ)く、
    特に大衆を慈しまれる神として崇められております。

  • 御神徳

    三柱の御祭神は人間生活の根元である衣・食・住や産霊(むすび)の神 生生発展のことなど掌(つかさど)られ、農業、商業を始め諸産業に広大無辺な御神徳をお授けになられます。

    従って古来、産業開発の神、五穀豊穣の神、商売繁昌・海上安全守護の神、安産守護の神、 厄除・開運・諸願成就の神として熱心な信仰を集め、近時は特に永い歴史と伝統との上から交通安全守護の神としても 篤く崇敬(すうけい)されております。

  • 御社殿

    総ひのき・銅板葺き
    本殿は流れ造り・拝殿は千鳥入母屋唐破風の権現造り

    本殿 21坪(69.3㎡)
    祝詞殿 18坪(59.4㎡)
    内拝殿 24坪(79.2㎡)
    外拝殿 85坪(280.5㎡)
    向拝 12坪(39.6㎡)
    辨備所 9坪(29.7㎡)
    総建坪 169坪(560㎡)

    • 御神徳
    • 御神徳
    • 御神徳
  • 御祭日

    最も盛んなお祭りは、初午大祭で、旧二月の初めての午の日から七日間に亘って祭事が行われ、
    期間中の日曜日には御神輿の御神幸があり昔ながらの奴振りや華麗な稚児・神子・騎馬等の供奉が拝されます。
    新旧の元朝詣、秋季大祭等には全国各地から多くの参詣者で賑っております。

    • 御祭日
    • 御祭日
    • 御祭日

お問合せはこちら お問合せはこちら 参集殿だけのスペシャルなサービススマホでもご覧いただけます

お問い合わせ

ご予約は御利用の二週間前までにお願いいたします。

お問い合わせ・ご予約をご希望の方は以下のお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。
は記入必須項目です。

お名前
ご住所
お電話番号
メールアドレス
ご利用日
ご利用時間
ご利用人数(大人、お子様) 大人:子供:
お子様年齢  7歳 5歳 3歳
お子様性別  男の子 女の子
お写真  1ポーズ 2ポーズ
衣装  レンタル 持ち込み
お子様身長
お子様足のサイズ
ご要望・ご質問

お問い合わせにあたり、以下の内容についてご了承ください。
翌営業日までにメールまたは、お電話にてお返事いたします。
お預かりする個人情報(氏名、メールアドレス等の個人を識別可能な情報)は、
お問い合わせに関する回答を行うために使用し、他の目的では使用しません。
お客様の個人情報は、お客様の了解なく外部へ提供・委託することはありません。

電話によるご予約・お問い合わせはこちら tel:0223-22-2430 電話によるご予約・お問い合わせはこちら tel:0223-22-2430

Top Top