魔女の一撃

仙台で弁当・仕出し・宅配なら味の金魂
お読みいただきありがとうございます。

味の金魂 スタッフブログ担当の浅野と申します。
206品目です。

今まで、ぎっくり腰に2回襲われました。

1回目は20歳。バイト先のレストランで調理場から出た1日分の
生ごみの入ったバケツを持ち上げた瞬間、ピキッ!と腰に激痛が。
「アヒッ!」と無意識に変な声が出て、その場にへたり込んでしま
いました。営業後の時間だったのがせめてもの救い。
翌日には痛みも消えていましたが、ぎっくり腰の怖さを知りました。
【最大で10ハナゲ】

重い物を持ち上げるときは、膝を曲げ、腰を落として無理をしない
など、自分なりに注意することで、力仕事で腰を痛めることはなく
なりました。

2回目のぎっくり腰は洗濯物を干しているとき。
洗濯物を取り出そうと、床に置いた洗濯カゴの中に手を入れた瞬間
腰に違和感が。
あれ?何かおかしいなと思ったら、激痛とともに全く立てなくなり、
その場に倒れ込みました。
動こうともがくほど、痛みはどんどん強くなります。
【10ハナゲから30ハナゲに徐々に強くなる】

家にはまだ3歳になったばかりの一番下の息子だけ。
ケータイはイタズラ防止のため、手が届かない棚の上に置いてあります。

さぁ、どうする?

金魂スタッフブログ
ゴールデンキッチン
ページ先頭へ

▲ページトップへ