仙台で弁当・仕出し・宅配なら味の金魂 2014/11/22

仙台で弁当・仕出し・宅配なら味の金魂

 

お読みいただきありがとうございます。
味の金魂 スタッフブログ担当の浅野と申します。

 

3品目です。

冷凍モノといえば、解凍すると水っぽくなったり、風味が悪くなるといったことが言われていました。
これは、冷凍する際、食材中の水分が氷の結晶として成長し、細胞を破壊してしまうことが原因です。
この氷の結晶が成長する温度帯を「最大氷結晶生成帯」といいます。
この温度帯を通過する時間が長いほど、氷の結晶は大きくなり、さらに食材の細胞を破壊するのです。
そこで、最大氷結晶生成帯を短時間に通過させ、氷の結晶を小さく留める急速冷凍技術が開発され

ました。
これにより、細胞の破壊を最小限に食い止め、作りたての美味しさを保ったままお届けできるように

なったのです。

「冷凍 鍾景閣謹製 おせち料理」もこの冷凍技術のおかげで誕生しました。

 

necessity is the mother of invention.
(必要は発明の母なり)

 

うむ、とにかく、召し上がってみてください。
ご注文はこちらから。

 

お待ちしております。

金魂スタッフブログ
ゴールデンキッチン
ページ先頭へ

▲ページトップへ