仙台で弁当・仕出し・宅配なら味の金魂 2015/1/18

仙台で弁当・仕出し・宅配なら味の金魂
お読みいただきありがとうございます。
 
味の金魂 スタッフブログ担当の浅野と申します。
60品目です。
 
包丁研ぎにハマっています。
父が健在だった頃は、帰省する度に家中の包丁を持ち帰って研いで
もらっていました。
イチイチ持って帰るのも面倒だったので、研ぎ方教えてと言っても、
子どもには無理だ!と、取り付く島もなし。
水を含んだ砥石に包丁を押し当て、シャーッ、シャーッと心地いい
一定のリズムで研がれた包丁の切れ味は素晴らしく、しかも長く
持続するので、重宝していました。(包丁だけに…)
そんな父も、老人性うつとなってからは、生活意欲が低下し、持ち
帰った包丁を研いでくれなくなりました。
それから程なく、包丁の研ぎ方を教えて貰う前に父は他界。
切れない包丁で料理するのは怖い。研屋さんに頼むのは高い。
さぁ、困った。
 
そこで、ホームセンターで買ったV字型の簡易的なシャープナーを使っ
てみたものの、あの心地いい音もしないし、切れ味も持続しません。
こうなったら、包丁研ぎを自分でやってみようということで、ネット
で包丁研ぎのやり方や原理を徹底的に調べ、砥石を買って挑戦してみ
ました。
砥石に当てる角度を一定に、「かえし」を均等に作ることを第一に心
がけ、格闘すること十数分。何とか研ぎ終えることができました。
 
切れ味はV字型のシャープナーを遥かに凌ぐものでしたが、残念ながら
さほど持続しません。
でも、その分、包丁研ぎのサイクルが短くなるので、回数が増え、
数をこなしていくうちに上達していくハズです。
包丁研ぎで父を超える日がきっと来るでしょう。

金魂スタッフブログ
ゴールデンキッチン
ページ先頭へ

▲ページトップへ